弁護士の着手金の相場は?

法律に関する問題が発生したときには自分で解決をすることは難しくなります。問題が大きくならないように、またできるだけ早く解決をするために法律の専門家に依頼をするのが安心です。

そこで弁護士に依頼をする形になるのですが、その際にたくさんの費用が必要になります。日当や交通費などが必要になりますが、これ以外に着手金も必要になります。

これは問題の解決の有無にかかわらず支払わなければいけないお金で、戻ってくることはりません。この着手金は案件が難しくなればそれだけ金額が高くなり、簡単になると安くなるという特徴がありますが、相場もあります。

たとえば離婚交渉をする場合には20万円から30万円が必要になります。離婚が成立したときにはこのお金と同じ金額程度の報酬金を支払うことが多く、着手金と報酬金を会わせて40万円から60万円程度が必要になります。また刑事事件の依頼を弁護士にすることもあります。この場合には相場は30万円から40万円となっています。

刑事事件の場合には相手にケガをさせたり、集団で犯罪を犯したというような事件が複雑になればそれだけ金額が大きくなります。報酬金に関しては着手金と同じ金額としている事務所が多くなっています。したがってあらかじめ内容を確認してから契約をするようにします。

民事訴訟の場合には相手にいくら請求をするのか、また相手からどのくらいの請求をされているのかによって金額が変わってきます。その金額が300万円以下の場合には8パーセントになっています。

弁護士費用をチェックする