不当労働は泣き寝入りせず、専門家に相談を

職業によって残業対する考え方は、工場で製品を毎日製造して、決まった時間に出勤し決まった時間に退社するような会社と、おもにお客さん相手のサービス業や小売業などでは、会社の考え方も従業員の考え方も変わってくるはずです。

工場等の仕事は残業についてほとんどの場合、例外も中にはありますが事前に解っているため従業員に早めに残業を指示できるケースが多く、逆にサービス業はお客さんの入り具合で仕事の量が多くなり当然残業も多くなります。

サービス業などは、年末年始やお盆とか予め客入りが多くなる場合は、事前に人員を増やして対応してますか通常は予測がつかないため、その状況で残業を指示する場合が多くなります。そこで問題になるのが勤怠管理をどのようにしているのか会社によって、色々な管理方法が取られています。

タイムカードどや、現在はタッチパネルで管理しているところが多くなっていますが、職種によって出勤管理表で管理職が起票していたり、出勤予定表で管理しているケースもあり、確認が取りづらい場合があります。給料を貰って明細をみると、残業したのにもかかわらずほとんど残業費がついていない場合が、特に作業計画が事前に立てづらい会社の場合はその傾向が多くあります。

不満に思って法律事務所に相談すると、まず一番大事なことは残業をした正確な時間を証明する証拠が必要なります。例えばタイムカードや出勤管理票のコピーなどす。それをもとに法律事務所が本人に変わって残業代請求を行ってくれます、どんな仕事でも管理職を除いて一日8時間を超えれば時間給の125%アップで残業代請求ができす。働いている人の権利であり、2年間経つと時効が成立してしまいます。時効にならない前に法律事務所に相談することが大切です。