国際弁護士という職業

テレビや雑誌などで国際弁護士という職業の人を見かけることがありますが、実際の所このような資格はありません。その内容は海外の弁護士資格を持っている人と言うことになります。このほかには弁護士の中でも海外での案件をたくさん取り扱っている人のことを言います。

このように海外での案件をたくさん取り扱っている場合でも、海外での弁護士資格しか持っていない場合には日本では弁護士として認められません。このことをしっかりと区別しておきます。

海外で弁護士資格を持っている人の場合には、弁護士になるためには国によって定め方が異なっています。たとえばアメリカの場合には州ごとに資格が認定されています。したがって現在働いている州以外では、弁護士として働くことができないのです。日本で弁護士になった後にアメリカで国際弁護士として働くためには、アメリカで弁護士資格を取得しなければいけません。この場合には留学をする必要があります。したがって語学力が必要になります。

しかし弁護士事務所で働いているという場合には、事務所が留学のための費用を負担してくれるところもあります。アメリカでの弁護士スクールや大学では1年コースのプログラムを受講することができます。ここでコースを終了することができれば、アメリカの弁護士資格が取得できます。すなわち国際弁護士として活躍することができます。最近では日本の弁護士資格を持っていない外国人弁護士でも、法務大臣の承認を受けて日本弁護士連合会に登録をして、法律事務の業務を行うことができます。