債務整理には弁護士のサポートが必須

債務整理とは主としてサラリーマン金融会社等から借り入れた債務が返済困難となった場合に、所定の手続きを通じて返済額を圧縮したり返済を免除したりすることで、今後の社会生活に支障が生じないようにすることをいいます。その方法にはいくつかの種類がありますが、いずれも専門的な知識や高い交渉能力が必要とされます。そのため借金を負った本人が独力で行うことは困難で、通常は弁護士などの専門家に整理業務を依頼することになります。

債務整理の代表的な方法としては、任意整理・自己破産・民事再生の3種類があります。このうち任意整理とは、公的機関を通さず債権者との直接交渉を通じて債務の圧縮等を要請することをいいます。もちろん無条件で要請に応じてくれるケースはまずあり得ないので、元本の返済は続けていく代わりに利息を減免してもらうといった条件交渉が中心となります。

なお、交渉の過程で法定利息を超える分のいわゆる過払い利息の支払いがあったことが判明した場合は、当然その分だけ債務を減額したり、返還を求めたりすることができます。一方、自己破産及び民事再生はいずれも裁判所に申し立てを行い、許可を受けて実行する債務整理の手法です。

自己破産の場合は今後の生活に必要最小限の分を除いてすべての財産を失う代わり、一切の債務が免除されます。一方の民事再生については、ある程度の継続的な返済能力があると認められる場合に住宅ローンの返済のみを続けるといった形を取ることで、自宅を失うことなくその他の債務の大半を免除してもらうことが可能になります。

いずれも正しい手続きにのっとって進めないと許可されないため、弁護士等のサポートは欠かせないものとなります。