離婚問題の相談

夫婦間が上手くいかず離婚を考えている場合、弁護士に離婚相談をする方は多いと思います。
また、お子様がいる場合には、どちらが引き取るか、親権をどちらが取るかで争われる夫婦が多く見られます。

このような場合は、お子様の為にもきちんと決めておく事が大切です。また、離婚によって財産分与が発生します。住宅ローンがある場合には、どちらが払っていくのか、不動産の名義はどちらにするのかなどしっかり話し合う必要があります。

事前に契約内容を確認し、住宅ローンの残高などを確認しておく事が大切です。
しかし、相手が話し合いに応じない場合や、離婚に合意しない場合には家庭裁判所に調停を申し立てます。
調停委員がお互いの意見を聞き、離婚の条件や財産分与のなどの調整を行います。

離婚成立までには3ヶ月〜半年程かかります。
しかし、調停でも合意に至らない場合には審判や裁判へ移行する事になります。
また、夫婦間で話し合いが成立し離婚した場合、どちらかが後々財産分与の事などで話しを蒸し返すという事がありトラブルになっています。

このような事体を避ける為にも、事前に弁護士に離婚相談する事をお勧めします。
弁護士に相談する事で、法律に沿った書面を作成する事ができ手続きなどもしっかりと行う事ができます。
また、離婚は今後の人生を左右するかもしれない重大な問題です。

離婚後の生活に不安を感じる方も多いと思います。しかし、弁護士に相談する事で、少しでも有利な条件で離婚する事が可能です。また、離婚相談が何度でも無料の法律事務所もあります。現在、離婚を考えている方は相談される事をお勧めします。