心強い顧問弁護士

小規模ながらも会社を経営する立場であれば、当然ながら、弁護士を味方に付けることは必須となります。会社を経営するということは、相手や同僚がいるということで、人間同士の摩擦が当然のように生じることになります。

そのような時に、弁護士の存在があるのと無いのでは、企業活動の進行の具合が大きく違ってきます。会社をこれから立ち上げる、現在商売をしているという人であれば、懇意の弁護士の存在が1人は必要となります。

企業を経営する上では、顧問弁護士を雇うことが望ましいと言えます。もし、仕事上のトラブルが発生して、法律事務所に駆け込んだとします。その場合、弁護士との面会の日取りを決めてから本題の相談に入ります。法律相談所が込み合っていれば、1月も先の相談に回されることもあるのです。

その間にも、企業内のトラブルは膨らみ続け、気の付いた時は手の施しようがない状態になることも考えられます。そうならないためにも、顧問弁護士の存在が大事なのです。それでは、顧問弁護士のメリットとは何か、一言で言えば、迅速な法律相談が可能となることです。

法律事務所と顧問契約を締結すれば、電話一本で相談を受け付けてくれます。そして、一般の依頼先よりも、優先して問題解決の手続きを進行してもらえるのです。紛争解決が迅速に行われることで、問題を損失に変える前に解決が図れます。企業にとっての経営を揺るがしかねない事例であっても、顧問弁護士の尽力で救われた事例が数多く存在します。