不当解雇に勝訴するには?

現在経済が緩やかですが回復傾向にあります。そのため労働条件も良い方向に進んでいると言われています。

しかし一方で不当解雇等を含む違法とも言える事が相変わらず行われているのも事実と言えます。確かにこういう行為は法律的にグレーゾーンにあたる例が多く、個人的にその不法性を訴えて会社と闘うには限度があります。

そのためには弁護士に依頼して会社との交渉をお願いするのが一番と言えます。専門的な事は専門的な知識が当然必要となるからです。私自身、一度不当解雇に対象になったことがありました。私が勤めていた会社は属に言う中小企業であり、組合や団体交渉権の持たない会社です。

そのため私はどこにも相談することも出来ず、ただ会社を辞めさせられるのを待つだけという哀れな状態でした。

そんな時にネットで法律の無料相談というのがあるのを知り、弁護士の先生に初めて相談することが出来ました。

その結果これは直接会社と交渉をするのが良いとの返事で、私は先生に依頼することにしました。会社の交渉の場に弁護士の先生に立ち会ってもらいましたが、私は先生に言われることに答えるのが精一杯で、法律的な知識のない私には具体的な話がどう進められたかよく分かりませんでした。

しかし話し合いの結果、私が解雇対象から外されたことだけは分かりました。

その後弁護士の先生にいくらかの報酬をお払いしましたが、それは私が今も会社に勤めていられることを考えると、充分見合った額だったと思います。

不当解雇を回避するには専門知識のある人に任せるのが一番と改めて知らされた出来事だったと言えます。