遺産の法定相続について

遺産などの相続についての悩みを弁護士に相談する人が増えています。相談の内容はもちろん、人それぞれで立場によって大きく異なります。まず自分の財産をどうやって残された家族に遺すかどうかを決めておきたい方です。

これは遺言を書いておくことにより、自分の理想通りに財産を残すことが出来ます。
これがないと遺産の分割は法定相続で行なわれる事となり、面倒なトラブルの原因となることもしばしばです。

法律的に有効なものを書くためには相談したほうが無難です。相続の放棄についての相談を弁護士にするという人も多いです。財産にはプラスもあればマイナスもあるもので、プラスの財産よりもマイナスの財産が多い時などは放棄しないと借金や損害賠償責任などを負わなければならないケースも有ります。

これとこれは欲しいけど、これは要らないというような個別にすることは基本的に出来ないので得るか放棄するかのどちらかを選ぶ必要があります。そもそも放棄が可能かどうかを相談することも必要になります。

遺産分割をスムーズに行うためにも弁護士に入ってもらうと安心です。遺産は一時的に共有財産となるため、これをそれぞれ個別に分割する必要があります。しかし、この遺産分割において揉め事が生じてしまったり、トラブルが生じることも多いです。

遺産分割の方法自体、遺言の有る無しなどにもよっていくつかの種類が存在します。
合意に至らない場合は家庭裁判所で調停が行われることになりますので、いずれにしても弁護士に相談したほうがスムーズなのです。