開業に必要な士業のサポート

会社勤務を経て同じ業種で事務所を開いたり、思い切って別の業種の開業を志したり、独立や起業の際にはさまざまな手続きや組織づくりが必要になってきます。

独立や起業の際に事業主が頭を悩ませるのが資金の問題と法律の問題です。特に法律は業務に直接関係しない分野のものとなると、多くの起業を志す人たちにとってお手上げ状態になってしまうことが多いようです。スムーズな独立からの事業のスタートダッシュを決めるためには、弁護士などの法律の専門家によるサポートが不可欠となります。

個人で事業を始めるケースでもある程度の規模の組織を作るにしても、事業主になるにあたって、基礎的な法律知識は欠かせないことです。税金や会計に関するサポートは税理士、従業員を雇う場合は社会保険労務士などのサポートが必要となってきます。

起業に関する手続きや法人の設立に関する知識や情報、会社設立のためのトータルな法律に関するサポートは弁護士に任せることが大切です。法律に関する情報以外でも、独立や事業の開業に関するノウハウも法律事務所には蓄積されています。

会社設立の設立登記などだけを行うなら、司法書士に依頼するという選択もあります。事業規模や目的や予算に合わせて専門家を選択していくことになります。開業後のサポートや円滑な事業の展開を考えて、法律事務所選びは重要なファクターとなってきます。

事前にしっかりと対策をしておくことで、トラブルを未然に防ぐことも可能です。手続きや契約の際に必要な法律の知識だけでなく、常に法律を意識することで訴訟などに巻き込まれる事も防げます。