法律の専門家として

弁護士は法律の専門家としてさまざまなところで活躍をしています。基本的人権を守って社会正義の実現を目指すという仕事内容になっています。したがってたくさんの人達と関わるということになります。そのなかで法律上の問題がたくさん出てくることもありますが、そのための専門知識をしっかりと身につけているのです。さまざまなトラブルに対しての対処方法やアドバイス、このほかには法的手続きなどを行っています。そして問題解決へとつなげているのです。

しかし専門知識がたくさんあるということで、得意とする分野を持っています。仕事内容としては基本的に人と人や会社などの法人によるトラブルを対象としている民事事件をメインとして扱っている人がいます。

このほかには少数ですが国家が犯罪をしたときにそれを取り締まる刑事事件を扱うというような人もいます。ここで言う民事事件とはどのようなことかというと、離婚問題や相続問題などになります。これらの問題が発生したときに話し合いでは解決ができないときに弁護士に依頼されているのです。

弁護士は当事者の大輪となって双方の主張や意見などを聞いて法的な解決方法へと導いているのです。民事事件に関する相談があったときには、相談者の話を聞くことから始めます。そしてトラブルの内容や相手の主張や原因、また相談者の要望をしっかりと聞きます。

この中でどうしても話し合いで解決をすることができなければ、裁判で解決すると言うようになります。この裁判の時に弁護士は法律の専門家として重要な役割を担っているのです。