公認会計士と弁護士

弁護士になるには、まず司法試験に合格し、司法修習を修了しなければなりません。この過程を踏まえると、初めて資格が与えられます。また資格を得た時点で、同時に税理士と弁理士としての資格を得ることも出来ますので、税理士や弁理士としての登録をしなくても、税務や弁理の業務を行うことも可能になります。


またそれ以外にも、それぞれの登録をすることで、行政書士、社会保険労務士、そして海事補佐人の仕事をすることが出来ます。また、本来の業務と関連する場合に限り、司法書士の仕事も出来ます。

このように、かなり色々な士業を兼ねることが出来るのが、弁護士資格の強みです。また、この資格を持っていると、公認会計士の試験でも有利になります。それは、一部の試験科目が免除されるからです。従って、公認会計士とのダブルライセンスを持っている人もいます。

元々士業の場合は、一つの資格を持つことで、似たような業務を行う別の士業、いわゆる隣接法律専門職の仕事が出来る傾向があります。この傾向が特に強いのが、弁護士の資格であるといえるかもしれません。

しかし、やはり兼業はなかなか難しいようです。士業は専門性が高く、また、多くの案件を抱えていることが多いため、その資格本来の仕事で手いっぱいの状態になり、他の仕事、しかも全く分野の違う仕事に取り掛かることは困難だからです。

しかし、ダブルライセンスを持っていることが有利に働くのも事実です。弁護士の扱う案件は様々で、中にはたとえば倒産処理などを扱うこともあります。その場合法律の知識のみならず、財務関係の知識もまた求められることになるので、士業を目指す場合は、他の資格の取得も頭に入れておくのがいいでしょう。