将来的なニーズ

日本では弁護士の数が少ないという問題がありましたが、問題の解決のために裁判を効率化したり法曹界の人数を増やすというような改革が行われ、その結果その数が毎年増えています。しかし数が増えた反面自分の働きたい事務所に就職をすることができないというような問題もあります。

したがって自分で事務所を運営しているという人が多くなっています。条件の良い多くの人が働きたいと感じるような事務所はそれだけ競争が激しくなっています。弁護士の数はこの先も増えると言うことが予想されます。したがって将来性は安定していると考えられていますが、ほかの職業と同じように資格を取得した後も研修などに参加して研鑽を踏み、自分の能力を高めていくと言うことが大切になります。

弁護士の数が増えると言うことで仕事が減るのではないかと将来性を心配する人もありますが、今まで活躍していなかった分野でこの先活躍することができる可能性もあります。たとえば株式総会です。

株式総会では総会屋という人が取り仕切っていましたが、現在ではここに弁護士が参加して企業に法的なアドバイスをするという姿が多くなっています。このようにただ待っているのではなく自分から動くことでたくさんの仕事を探すことができるのです。

また他の人よりも実績を増やし、能力の向上を図ることで多くの仕事を獲得することができます。この資格に安住することなく、新しいことに挑戦していくことで、将来性も安定した物になります。